苦手意識に対して

数学に対する苦手意識というのは、他の教科に比べてやっぱり少し
強いのかなと思います。

「%」と書いてあるだけで、文章問題というだけで、ピタッと手が止まる子も
少なくありません。
思考停止とはこのこと!と見てわかるくらい、一点を見つめはじめます…

ゆっくり一緒に解くときちんと理解できる子がほとんどですが、
まったく同じ問題でも一人で解いてとなるとやっぱり手が止まってしまいます。
これが『苦手意識』というものだと思います。

だからといって文章題は全部とばす。ということはしたくないので、
この問題だけでも、教科書の問題だけでも、この初めの式を書くだけでも…
とその子の許容範囲まで頑張ってもらおうと、絞って進めています。

そうして少しずつその範囲が広がっていけばいいと、そういう思いでやっています。

あとは「そんなに難しくないんだよ」を伝えること。
といっても『伝える』というか、『整理していく』ことが大事なのではないかと
思っています。

この問題ができたら、これだってできるのに手が止まった!となると、
さっきのと、どこが違っていると思う?
ここが変わったからできなかったの?
そしたらどうすればいいと思う?

こう書くと尋問みたいですが…
答えまでの道のりを、なるべく短く区切りながら、
ほらできるよね。と、これを繰り返していくことが練習になると思っています。